中浜みのる(高槻市会議員)

【公式サイト】じゃがいも通信

 

市民の切実な要望に応え、
粘り強くがんばります。
高槻市議会議員 中浜 みのる

市民の切実な要望に応え、粘り強くがんばります。

高槻市議会議員 中浜 みのる

 私の議員活動について、日頃から、温かいご支援・ご協力を頂き、心から感謝を申し上げます。
 おかげさまで、私も市議会議員として、早いもので20年目を迎え、現在、福祉企業委員長、地方分権推進特別委員、議会運営委員会副委員長、大阪広域水道企業団議会議員として、市民福祉の充実と高槻の発展のため、粘り強くがんばっているところです。
 さて、6月18日午前7時58分、大阪府北部を震源とする震度6弱、マグニチュード(M)6・1地震において、本市は、甚大な被害を受けました。亡くなられた3名の方のご冥福と負傷された方や被災された方々に対して心からお見舞い申し上げます。
 私は地震が発生したときは、自転車運転中で、ちょうど集団登校していた子どもたちに出会いました。おびえていた子どもたちを学校へ安全に誘導してから、地域住民の安全を確保し、状況把握と市に必要な対策を早急に求めていくために、すぐに地域を自転車で駆け巡りました。
 そこで、市民の中から多くの意見・要望が出されたため、高槻市に対して、立憲民主党議員団(代表 中浜 実)として19日に緊急要望書を提出しました。
 今後、大きな余震や大雨が予想され、二次災害も懸念されるので、市民生活を守るため、全力投球で頑張っています。市民の皆さんのご要望・ご意見・ご相談をお待ちしています。
 また、市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談して頂ける議員として、今後も引き続き、ご指導を賜りますとともに、市民の皆様から頂いた、貴重なご意見、ご提言を大事にして、市民の立場にたった市政を推進するため、今後も全力をあげてがんばっていきます。

平成30年7月10日

市民の切実な要望に応え、粘り強くがんばります。

高槻市議会議員 中浜 みのる

 私の議員活動について、日頃から、温かいご支援・ご協力を頂き、心から感謝を申し上げます。
 おかげさまで、私も市議会議員として、早いもので19年目を迎え、現在、福祉企業委員、市街地整備促進特別委員会委員、議会運営委員、大阪広域水道事業団議会議員として、市民福祉の充実と高槻の発展のため、粘り強くがんばっているところです。 ところが、少子高齢化の急速な進行と人口の減少傾向が進む中、本市の財政状況もいっそう厳しいものになると考えられます。
一方、国政では、特定秘密保護法、安保法制の強行採決などに始まり、共謀罪法案の強行採決など、安倍内閣の暴走は止まりません。また、憲法改悪の動きも活発化し、市民生活を根底から脅かす平和と安全にかかわる課題が今後重要な課題となってくると考えられます。
そういう状況の中、安倍内閣は「森友・加計問題」などの国民の中に広がる疑惑に答えず、党利党略の大義なき衆議院解散を強行しました。
総選挙の結果は、この大阪10区では、立憲民主党の辻元清美さんが勝利すことができましたが、残念ながら、改憲勢力が3分の2以上占めることになりました。
私はこの選挙戦で誕生した立憲民主党の理念・政策に共感したため、今後は立憲民主党と議員として活動することにしました。また会派名も立憲民主・気ネットに変更し、今後も引き続き6人の会派の代表として、市民の立場にたった市政を推進し、市民と市政のパイプ役として、気軽に相談できる議員として、全力投球で頑張っていきます。

平成30年1月1日

市民の切実な要望に応え、粘り強くがんばります。

高槻市議会議員 中浜 みのる

私の議員活動について、日頃から、温かいご支援・ご協力を頂き、心から感謝を申し上げます。

おかげさまで、私も市議会議員として、早いもので19年目を迎え、現在、福祉企業委員、市街地整備促進特別委員会委員、議会運営委員、大阪広域水道事業団議会議員として、市民福祉の充実と高槻の発展のため、粘り強くがんばっているところです。

いま、わが国の経済は回復基調にあるといわれていますが、残念ながら、私たちの生活には、実感がなく、市民の生活はいっそう厳しいものになっています。とくに子育て支援や介護、雇用問題など市民要望も多様化し、深刻化してきています。

ところが、少子高齢化の急速な進行と人口の減少傾向が進む中、本市の税収もいっそう厳しいものになると考えられます。

このような状況の中で、私は、市民の生活を守り、少しでも改善するため、また、安心・安全のまちづくりを実現していくため、様々な具体的な政策提言等を行っているところでございます。

一方、国政では、特定秘密保護法、安保法制の強行採決などに始まり、TPP法案、年金カット法案、カジノ法案、今国会の共謀罪法案の強行採決など、安倍内閣の暴走は止まりません。また、憲法改悪の動きも活発化し、市民生活を根底から脅かす平和と安全にかかわる課題が重要な問題となってくると考えられます。

市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談して頂ける議員として、今後も引き続き、ご指導を賜りますとともに、忌憚のないご意見、ご要望をお寄せ頂ければ幸いです。市民の皆様から頂いた、貴重なご意見、ご提言を大事にして、市民の立場にたった市政を推進するため、今後も全力をあげてがんばっていきます。

平成29年7月1日

新年明けましておめでとうございます。

私の議員活動について、日頃から、温かいご支援・ご協力を頂き、心から感謝を申し上げたいと思います。

おかげさまで、私も市議会議員として、早いもので18年目を迎え、現在、福祉企業委員、市街地整備特別員会副委員長、議会運営委員会副委員長として、また、民進党・元気ネットの代表、民進党大阪府連第10区総支部幹事長として、市民福祉の充実と高槻の発展のため、粘り強くがんばっているところです。

いま、わが国の経済は回復基調にあるといわれていますが、残念ながら、私たちの生活には、実感がなく、市民の生活はいっそう厳しいものになり、市民要望も多様化、深刻化していくと考えられます。

そのような中で、市民の生活をどう守り改善していくのかが重要で、市民生活を守る最後の砦である自治体の役割がますます重要になってきています。ところが、少子高齢化の急速な進行と生産人口が減少傾向にある中、本市の税収見込みはいっそう厳しいものになると考えられます。

このような状況の中で、私は、市民の生活を守り、少しでも改善するため、また、安心・安全のまちづくりを実現していくため、様々な具体的な政策提言等を行っているところでございます。

また、一昨年前の憲法違反の安保法制の強行採決などに始まり、TPP法案、年金カット法案、まさかと思った突然のカジノ法案の強行採決など、安倍内閣の暴走は止まりません。今年は憲法改悪の動きが活発化する可能性があり、市民生活を根底から脅かす平和と安全にかかわる課題が重要な問題となってくると考えられます。

厳しい状況が依然と続いていますが、私は、市民生活を守るため、粘り強くがんばっていきたいと思います。また、市民の皆さんから頂いた、貴重なご意見、ご提言を大事にして、市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談して頂ける議員として、今後も引き続き、ご指導を賜りますとともに、忌憚のないご意見、ご要望をお寄せ頂ければ幸いです。

平成29年1月1日

市民の切実な要望に応え、粘り強くがんばります。

高槻市議会議員 中浜 みのる

私の議員活動について、日頃から、温かいご支援・ご協力を頂き、心から感謝を申し上げたいと思います。

おかげさまで、私も市議会議員として、早いもので18年目を迎え、現在、福祉企業委員、市街地整備促進特別委員会副委員長、議会運営委員会副委員長、農業委員として、市民福祉の充実と高槻の発展のため、粘り強くがんばっているところです。

いま、わが国の経済は回復基調にあるといわれていますが、残念ながら、私たちの生活には、実感がなく、市民の生活はいっそう厳しいものになっています。とくに子育て支援や介護の問題をはじめ、雇用や地域の住環境の問題など市民要望も多様化し、深刻化してきています。

そのような中で、市民の生活をどう守り改善していくのかが重要で、市民生活を守る最後の砦である自治体の役割がますます重要になってきています。ところが、少子高齢化の急速な進行と人口の減少傾向が進む中、本市の税収もいっそう厳しいものになると考えられます。

このような状況の中で、私は、市民の生活を守り、少しでも改善するため、また、安心・安全のまちづくりを実現していくため、様々な具体的な政策提言等を行っているところでございます。

また、市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談して頂ける議員として、今後も引き続き、ご指導を賜りますとともに、忌憚のないご意見、ご要望をお寄せ頂ければ幸いです。市民の皆様から頂いた、貴重なご意見、ご提言を大事にして、市民の立場にたった市政を推進するため、今後も全力をあげてがんばっていきたいと思います。

市民の切実な要望に応え、粘り強くがんばります。

高槻市議会議員 中浜 みのる

新年あけましておめでとうございます。

日頃から温かいご支援・ご協力を頂き、心から感謝を申し上げたいと思います。

私も市議会議員として、17年目を迎え、現在、福祉企業委員、地方分権推進特別委員として、市民の切実な要望に応え、市民福祉の充実と高槻の発展のため、粘り強くがんばっているところです。

また、市民と市政のパイプ役として、気軽に相談して頂ける議員として、市民の立場にたった市政を推進するため、今後も全力をあげてがんばっていきます

市民の切実な要望に応え、粘り強くがんばります。

高槻市議会議員 中浜 みのる

私の議員活動について、日頃から、温かいご支援・ご協力を頂き、心から感謝を申し上げたいと思います。

また、4月に行われた市議会議員選挙では、皆さま方に温かいご支援をいただき、本当にありがとうございました。心からお礼を申し上げたいと思います。

おかげさまで、私も市議会議員として、早いもので17年目を迎え、現在、福祉企業委員、地方分権推進特別委員として、市民福祉の充実と高槻の発展のため、粘り強くがんばっているところです。

いま、わが国の経済は回復基調にあるといわれていますが、残念ながら、私たちの生活には、実感がなく、市民の生活はいっそう厳しいものになり、市民要望も多様化、深刻化していくと考えられます。

そのような中で、市民の生活をどう守り改善していくのかが重要で、市民生活を守る最後の砦である自治体の役割がますます重要になってきています。ところが、少子高齢化の急速な進行と生産人口が減少傾向にある中、本市の税収見込みはいっそう厳しいものになると考えられます。

このような状況の中で、私は、市民の生活を守り、少しでも改善するため、また、安心・安全のまちづくりを実現していくため、様々な具体的な政策提言等を行っているところでございます。

また、市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談して頂ける議員として、今後も引き続き、ご指導を賜りますとともに、忌憚のないご意見、ご要望をお寄せ頂ければ幸いです。市民の皆様から頂いた、貴重なご意見、ご提言を大事にして、市民の立場にたった市政を推進するため、今後も全力をあげてがんばっていきたいと思います。

新年明けましておめでとうございます。

私の議員活動について、日頃からのご協力・ご支援に対して心から感謝を申し上げたいと思います。

私も市議会議員として16年目を迎え、監査委員、総務消防委員、地方分権推進特別委員として、市民福祉の充実と高槻市の発展のため、がんばっているところです。

年末には解散総選挙が行われ、この10区では辻元清美候補が当選し、民主党も解散前から比べれば議席を増やすことが出来ましたが、自民党が圧勝しました。

この結果は国民の皆さんの判断として、率直に受け止め、民主党が市民の皆さんから、もっと信頼されるよう、私は地道にがんばっていきたいと思います。

また、この4月には統一地方選挙が行われますので、私も身を引き締めて、市民生活を守り、市民の立場に立った市政推進に向けて、いっそう、がんばっていきたいと思います。

総選挙の圧勝を受けて、いわゆるアベノミクスと呼ばれる経済政策が強行に進められてくると考えられますので、その副作用による市民生活への影響が強く懸念されているところです。

しかも、高槻市においても、少子高齢化が急速に進み、社会保障制度の充実など重要な多くの課題を抱えている一方、財政状況が税収減などで、大変、厳しいものとなっています。

このような状況が依然と続いていますが、私は、市民生活を守るため、粘り強くがんばっていきたいと思います。また、市民の皆さんから頂いた、貴重なご意見、ご提言を大事にして、市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談して頂ける議員として、今後も引き続き、ご指導を賜りますとともに、忌憚のないご意見、ご要望をお寄せ頂ければ幸いです。

   

平成27年1月1日